FC2ブログ

演劇集団紅茶組 稽古日誌

We were born to drink a cup of tea.

left center right
News Next Product Diary Member Wanted Link
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004-06-30(Wed)

テンション。?

宇佐美のテンションが変。

今回なかなかパワフルな役どころな宇佐美ですが、今日はなんだかパワーが足りません。
単純に元気がないってわけではないんだけど何か変! こういうのって芝居やってるとすぐにわかっちゃいます。

何でも、こういう心の動揺って、出ないようにするんじゃなくて、心が動揺しないような生活が必要なんだそうです。…うーむ、ムズかしいですよね。僕らまだ若いんだもん。いろいろありますよ。

今回はみんな何やらいろいろあって、けっこう大変な芝居作りになってますが、その分劇団内の結束は高まってる感じです。このままみんなが人間的にも成長できるといいんですが…。

しかし、お客様あっての芝居。まずはしっかりした芝居作りをしないといけませんな。

(中村)

スポンサーサイト
2004-06-26(Sat)

合宿。と次の日。

25日は合宿でした。
合宿…うむ、この響き。学生時代を思いおこさせますね。
さて。合宿について日記を…と思ったんですが… うーん、うーん。 ちょっと、書けんなぁ…。
とりあえず、死にそうになってた人が若干一名…とだけ。
いやはや、過酷な状況だったんですなー、えぇ。

明けて、26日。この日も当然けいこ。 という訳で。みっちり読まされました。
やっぱり、あの長ゼリは苦手ですが、…段々慣れてきました。恥ずかしさ10%減って感じ。(微々たるものか…)
夕食休憩を挟んで、次は立って読みをすることに。

「相手に対して攻撃してる時は近寄ったり、逆にうしろめたい時なんかは離れたりして、動いてみて。」
…という演出の言葉に従って、3人の女優たちはまるで磁石の様に、時には引き合い、時には激しく反発しあい…。心の距離を、実際の距離として動いてみると、頭で考えてるより、ずっとわかりやすいなー。と思いました。

やっぱり母(うさみ)は強いですな。実生活では絶対ありえん押しの強さ。
お姉ちゃん(川口)は…哀れな程他の二人に翻弄されていましたねぇ。弱かったなぁ。実生活ではありえ……げふっ、げふん。いや、なんていうか、その、ねっ。(汗)
あやちゃん(野口)は結構強かった。ちょっとお母さん負けそうでした。

それにしても、久し振りに動いて台詞はいてみたら、何か気持ち良かったなー。
早く立ちげいこにならんかなー。

(うさみ)

2004-06-23(Wed)

寝違えた…。

いきなりですが、わたくし誕生日に低反発安眠枕をいただいたんです。ええもう、アレすごいです。眠りの浅い私もぐっすり眠れます。おかげで色んな夢を見ます。どんな夢かって言うと… めんどくさいので言いませんが。←逃げ。

でもっ! 眠れたは眠れたが、寝違えた!!!

……すっごいです。生まれてはじめてぐらい、痛いです。ふぇーん。ケイコなのに、首が痛くて腹筋も背筋もままなりませーん。もちろん首の運動なんてもってのほかですよー。

「毒(私のサークルネーム)が首痛いから、今日は首の運動なしで。」
と、うさみさん。わーいわーい。
お言葉に甘えて、今日は自分に甘くゼミドラをしちゃいました。うん、ちょっとだけね。

今日もうさみさんは長ゼリをがんばっています。彼女、シリアスな芝居になると笑っちゃう人なので、今回の長ゼリは辛いようです。
でも大丈夫さ! オニのよーな演出さんもいるし(笑)。私の役は…バカすぎてなかなかシリアスになってくれません。これええの?!

(野口)

2004-06-19(Sat)

お復痛いー。

うぅ…。仕事でケイコに遅刻いたしましたのですが、到着早々復痛が…。

いたい…。おフクいたい…。
胃と腸の辺りがボワーンとズドーンと痛い…。
何が…何が原因なんだー!?
いたいよー。

☆説明しよう!
「お復痛い(おふく いたい)」とは。
演出N氏が、「お腹痛い」と書くところをうっかり間違えたために(一部の)組員の間で流行ってしまった言葉。
さぁ、皆さんも、どうぞご一緒に。
「お復痛いよー。」

(うさみ)

2004-06-16(Wed)

本当は19日(土)のケイコ前。

3人集まると、エチュード三昧。はい、私は苦手です。実体験ないことには特に。
「三人寄れば文殊の智恵」って知恵か? 言いますが。進んではいるよネ?
2人の(あやちゃんとママさん)会話?やりとりをきいてると、笑えてしまいます。
で、笑ってるといきなりこっちに話をふられてしまいます。しかも、返答に困ることばっかりです。やぁねぇ。

エチュード中のみんなのコトバをきいてると…やっぱり私はあまり話してないね。
ママさんは擬音?いっぱいですな。彼女から発せられる私の設定は大変です。
あやちゃん……ま、役の上でなんですけど、よくわかりません(笑)

19日、2:00~3:00に到着! とメールしました。
やっぱり演出さんは、5時到着だと思っていたそうです。
今日は2:50に着いたもん!!
そしたら、あやちゃんもうさこもいません。残念。

では、CDをとりに…行ってきます~。

(けむ)

2004-06-12(Sat)

本日は人の集まり具合を考慮して4時集合。なのに俺が休日出勤が終わって6時過ぎに来てみたら、演出は階段のところにあるソファーで寝てるし(本人曰く、「セリフ考えてる」)、部屋にはサト君しかいないし。
カゼなのに、明日も出勤なのに、仕事終わり次第急いで来たっていうのに(ブツブツ)
結局、集まったのは7時前。やっぱり6時集合でも良かったかな。

そろってからはみんなで話し合い。演出がセリフを思いつかないからエチュードに助けを求めたため。そこからレパの穴埋め作業に。
役者達は自分の話だから、それぞれが話に整合性を求めてる。設定が行きつ戻りつしながらも深くなっている様な、でもプロット段階から目直しをしなければいけないような…。「船頭多くて船山登る」にならない事を祈りつつ。とりあえず時間が足らないなぁ。

(MaGD)

2004-06-09(Wed)

ウサコの事情

今日は書きかけの台本「白夜」の読み。智子の長ゼリが中心でした。

智子役の宇佐美は長ゼリが苦手。以前の芝居で3分間の長ゼリをしゃべったことがあるのに苦手。
だって恥ずかしいんだもん、だっておなか痛くなるんだもんと本人。
そんなことでよく役者なんてやってられるなと思いつつ、やっぱり今回も恥ずかしがっちゃいます。
決して下手な役者ではないので勿体無いと説得しますが、本人は何とか逃げる方法はないかと悪あがきをしています。
が、そんなことは赦しません。今回はしっかり感情込めてしっかり魅せていただきます。

いい芝居になるといいなぁ。その為には早く台本完成させなきゃ。

(中村)

2004-06-05(Sat)

Go! Go! Heaven

メンバーの川瀬君の芝居を観に行きました。A&A’という劇団です。
場所は伏見。地下鉄で行けばすぐですが、次回公演「白夜」のイメージをふくらませるため、ウォークマンで音楽聞きながら歩くことにしました。
幸い今日は雲ひとつない快晴。名古屋駅を出た瞬間から強い日差しが降り注ぐ。
交差点の歩行者信号が赤から青に変わった直後、ウォークマンから流れてきたのはSPEEDのGo! Go! Heaven。
テンションもいい感じに上がりつつ、名古屋の街は音楽の背景へと消えていく。

会場近くの伏見周辺についた頃にふと気づく。
「あれ? ここどこだっけ?」
あまりに意気揚々と歩いていたため、自分がどっちを向いているかもわからなくなっていた……。

時刻は13:45。14:00からの公演まではあまり時間がない。
気持ちは焦れど自分が向いている方向すらわからない。
残り時間は10分、5分と少なくなっていく。

開演2分前くらいに焦りは頂点に達し、ついには走り出しました。
ビルの合間に微かに響く足音と息の弾む音。そして…どこかで聞いたような声と会話。
耳を澄ましてみると白夜用に録音したエチュードがポケットのICレコーダーから流れていました。
これじゃあ走る広告塔じゃないか、と考えている頃に会場を発見!
時刻は14:03.少し遅れたが途中入場できるかもしれない。
「今、入れます?」流れる汗もそのままに受付のお兄さんに聞くとお兄さんはちょっと困った顔。
ああ、急いできたのさ。汗くらいは拭いていくから入れておくれよ。
そんなことを目で訴えていると、返ってきたお兄さんの言葉。

「開場は14:30からになります」 ……公演15:00からじゃないかー!!

(中村)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。