演劇集団紅茶組 稽古日誌

We were born to drink a cup of tea.

left center right
News Next Product Diary Member Wanted Link
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-27(Sun)

おさめた日。

稽古納めの日でした。
そんでもって、ホール稽古!!
朝から晩まで稽古、稽古の日。

いきなり、N氏が絶不調の様相を呈しておりまして、
先行き不安な幕開けでしたが。
何とか予定してたことは、全部出来ました!(……と、思います。
午前中は、まず、仮舞台作り&衣装合わせ。
仮舞台たててみたら、案外あじさいホールが広かったり、
(いや、稽古場が狭いんだよな。多分。
衣装合わせしてみたら、女性陣のスカートは、
やっぱり短かったりしました。(今回も、太ももチラリズム。
休憩を挟んで、午後からは、みっちり稽古。

つ……疲れたー。

でも、多分、一番お疲れだったのは、N氏だったのではないかなと。
役者は自分の出番以外の時は、割と休んでいられるけど、
演出は、ずっと、何かしらのやることがありますからね。
……つか、それ以前に、くしゃみしすぎてました。
おろしたての巻紙(トイレットペーパー)が、
鼻のかみすぎで、稽古終了時には、半分以下になってしまってました。
(N氏は、鼻かむのには巻紙を愛用してるらしい。
鼻、赤くなってるし。(そりゃ、巻紙だからな。鼻用じゃないからな。
うーん。
他のみんなは大丈夫だったのでしょうか?
風邪ひかないでね?
N氏にうつされてませんかー??(酷
役者の人たちは、年末年始、ゆっくり休んでいただいて、体調整えて下さい。
あと、お休み中に、台詞&ダメを忘れちゃわないで下さい。
(これは、私も危ないが。^^;

それでは、これにて!
皆様、どうぞ、良いお年をーー!!!

SBSH00011_20091230230046.jpg

                         (宇佐美)

スポンサーサイト
2009-12-27(Sun)

看板女優は私。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
紅茶組の看板女優(役者)とは、
「看板を作った女優(役者)」のことをいいます。
今回の看板は、宇佐美・作なので、
私が、看板女優だっ!!

……と、大きく出たのは良いのですが、
ワタクシ、今回の看板で、致命的なミスをおかしておりました。
タイトル「コーリョーズ ハイ!!」を、
「コーリーョズ ハイ!!」……と書いてしまったのです!!!
ががが、がびーん。
しかも、指摘されるまで、全く気が付かなかったなりー。><
ひょえー。
「ななな、なおします!!なおしますよ!!!」
と言ったは良いものの、
年内中には、もう、なおしに行ってる時間はなさそうです。
……誤字のままで、年を越すらしいです。看板。
ごごご、ごめんなさいねーー。
でも、開演時間とか間違えなくて良かったなぁ……。

えと。
そんなこんなで、苦心の看板は、
瑞穂市総合センターのロビーに飾ってありますので、
もしも総合センターにお立ち寄りの際は、
何となくで良いんで見てやってほしいなと。
そして、タイトルの誤字を笑ってやって欲しいなと。(自虐
うーむ。
年明けたら、早々になおしに行こう。

ちなみに。
ケント・デリカット事件をうちの母親に話したら
「ケント・デリカットって何?食べ物??」
……って、言ってました。
ケント・デリカットの、一体どこに、食べ物を連想するような響きがあるのさ!?
どんだけ食いしん坊なんだ!??
と、我が親ながら思いました。

                              (宇佐美)

2009-12-26(Sat)

大至急と大富豪。


今日の稽古は何故かみんなハイテンション。

久しぶりに寒いギャグにすらなっていないコトを
言ったら皆止まりました。
みんな、コレが冷やし系だよ!
冷やし系とすべり芸人の居る紅茶組の未来が心配です。

芸人のサガなのか、必ず体が客席側を向いてしまう今田の
リアクションに、林・宇佐美・神田の羞恥心トリオでそれぞれ
お手本を・・・って宇佐美が今田と同じリアクションでした!
結局神田さんのリアクションが採用(?)され
全員から「おぉ、フツーだ!」と認められた今田。
良かったね!

登場人物の多い今回、不在の人は代役の嵐です。
みきちゃんの代役は、神田さんがやります。
でもすぐに神田さんの登場シーンです。
自分の登場シーンになると私に代役を頼む神田さん。
だけど自分の出ていない前のシーンはみきちゃんの位置につく神田さん。
N氏に「意地でも全てのシーンに出たいんですね」と言わしめました。
役者魂って奴ですね!流石は神田さん!

写真は装置と格闘しているN氏です。
知らない内に物が増えていく稽古場ですな。
                              (林)

2009-12-25(Fri)

ユタは良いところだよ。

クリスマス。
私のトコには、今年も赤い服着た人は来てくれませんでした。
仕方が無いから、自分で自分にプレゼント買ってあげよう……。(遠い目

それはさておき、稽古です。

稽古中に、ネタ師の神田さんが、
次々と技を繰り出してくるので、相手をする方は大変です。
笑ってしまって、台詞が続きません。
完全に被害者です。
特に、台詞に絡めたネタで
「ケント・デリカット!!」と口走ったのがツボにはまって、撃沈。
くそぅ。見てろよー!!……と、握りこぶしを固める私。
その傍らで、イマダが、ぽつりと。

「ケント・デリカットって、何ですか?」と。

あ?あれ?
この子だけ、ケント・デリカットのネタにウケてない!!?
つか、ケントを知らないの?
「ちょっと!教えて下さいよ!ケント・デリカットって何なんですかー」
……マジに知らないみたいでした。
「気になるじゃないですかー。教えて、教えてー。ちょっとホントに気になるっ」
と、あんまりしつこく叫ぶので、神田さんやN氏が冷たく応対。
「あ?国語辞典にのってるだろ?」
「ネットで検索すると、グラビアが出てくるぞ」……などなど。
そしたら、イマダは

「国語辞典にのってる?……あ!そういう髪型の事!??」

……と。
究極のマジボケをかましたのです。
もう、稽古場は爆笑の渦。
しばらく皆、言葉が出ないくらい笑ってました。
まさに殺人的なボケでした。

「どんなカットだよそれ!!」
「けんと・でり・カット!!」
「美容院行ったら、やってくれるぞ、きっと!」
「今日はそうだなぁ……ケントデリカットで」
「長さ、どれくらい切られますか?」
「うーん。短めのケントで、頼むよ……みたいな?」
「あっはっは!!」
「色はどうしましょう?」
「割と明るめにしといてもらおうか……とか?」
「ぎゃはは!!」

……と、完全に置いていかれてるイマダを尻目に、
他のメンバーは、寸劇まではじめる始末。
自分の発した言葉が、スベらずにウケまくってる状況を目の当たりにして、
スベリ芸人としては、どういう心境だったのでしょうか。

その後、携帯で検索して、ケント・デリカットの正体は掴んだようです。
良かったね。
↓「ケント・デリカット」(イマダ画伯/作)
SBSH00021_20091229132137.jpg
類似品の、ケント・ギルバートにも、お気をつけ下さい。
「それケント違い」(……古い。

                         (宇佐美)

2009-12-23(Wed)

本当のお母さんは誰だ!?


最初に手を離したのが本当のお母さんだ!!
・・・って、やってるわけじゃないんです。
今回のお芝居、こんな暴力的なシーンが多数です。
でもR12指定とかじゃありませんのでご安心を!
お子様でも安全に?観ていただけます。

まぁいろいろ危ないキャラも出てくるお話ですが、
私の中では、みきちゃんの役が一番黒いと思ってます。
作者の想定外に黒くなっております。
役者の力って、すごいですねー。
さすが元ヤ・・・・アッ、これ以上言うと私の身が危ないので
当日劇場でご確認ください。

                    

続きを読む...

2009-12-18(Fri)

強風。

SBSH00311.jpg
まず、この写真を見ていただきたい。
稽古場の近くにある、カラオケ屋さんのノボリなんですが。
はためいてる!!!
はためいてるよね!!
はためきすぎてるよねっ!??
ものすっごい、強風でした。
めちゃめちゃ寒かった!!
大雪警報も出ている中での稽古でした。
根性ある集団です。紅茶組。

ちなみに、神田さんは、稽古に参加する予定だったのですが、
どこかで遭難してしまったらしく、欠席されました。
い、一体どこでー、どうしてしまったのでしょーかー。
次の稽古日には、無事で会えることを期待してまする。

さて。
悪天候にもめげずに集まったメンバーは、必死で台詞を覚えてました。
美紀ちゃんが「はうあ!次、私の台詞でしたかっ!!」
って、もだえてたり。
ナチさんが、全くもって、雰囲気でしか台詞を覚えてなかったり。
いろいろ、面白かったです。(まぁ、私も似たようなもんだったけど。^^;
そんでもって、一番面白かったのは、
欠席したメンバーの分を、一手に引き受けて読んでくれてたN氏。
「つ……疲れた」
って、言ってました。
そしたら、美紀ちゃんが
「わざわざ声色変えて、頑張って読むからですよ」
って、冷たく突っ込んでました。くっくっく。

最後は、この写真。↓
SBSH00301.jpg
ちびっ子二人が、おそろい(?)の、ボンボン付き帽子を被ってたので
N氏に頼んで激写してもらいました。
わーい。
ちなみに、ナチさんとワタクシ(宇佐美)は、身長が同じらしいです。
やっぱりそうだったのかー。
どうりで目線の高さに違和感がないと思ったぜー。

                                 (宇佐美)

2009-12-16(Wed)

ちびっ子の摂理。

ちびっ子には、ちびっ子の摂理があるのです。
イマダとワタクシ(宇佐美)が絡むシーンで、
二人ともが、
「×△◎ーー!!」(台詞は書けない。内緒。
「□○△ー!?」
とか叫びつつ、ホゲホゲと動いていたらば。
シーン稽古終了後、神田さんが一言。
「何か、ここから見てるとさぁ。二人がずっと上下に小刻みに動いてておかしかった」
と。
なぬー。
そそそ、そんな風に動いてたかなぁー?
……動いてたなぁ。^^;
そしたら、イマダが
「だって!!ちびっ子は、そうやって上下に動いてないと、存在感がアピール出来ないんですよ!」
って、応戦してました。
そそそ、そーだったのかー。
ちびっ子役者仲間のイマダが言うのだから、間違いない。
目からウロコの瞬間でした。
これからは、自信をもって、小刻みに動こう!(ぇ

ん?
でも、まてよ?
ナチさんは?
ちびっ子役者の筆頭であるナチさんは、別に、小刻みに動いたりとかしないじゃん。
と、素朴な疑問が。
そしたら。

「あぁー、ナチさんはね」
「ナチさんは良いんだよ。纏ってるオーラが違うもん」
「そこに居るだけで、存在感あるから」

って。
みんな口々に言ってた。
やっぱりナチさんって、すげーなーと思いました。
そんなナチさんの、衣装。(仮案。

20091216151238.jpg

モデルは、ポッカレモンさんです。
衣装部チーフみどりちゃんの、苦心の作でした。
これを実際ナチさんが着て、どんな仕上がりになるのか、楽しみですじゃ。

                               (宇佐美)

2009-12-12(Sat)

サンタさんが来たよ。

SBSH00201.jpg
昨日の、みどりちゃんの稽古日誌にも出てきましたが。
神田サンタ登場です。
ちびっ子のみんなっ!今日もサンタさんが来てくれたよーー!!
わーい。

……。
つか、さぁ。

メンバー紹介用に写真を撮らせて下さいってお願いしたら、
何故かこんな格好をしてくれました。
神田さんのサービス精神には、もう敵わねぇ……って感じです。
他のメンバーも、カメラを向けると、いろいろポーズを決めてくれたので、
紹介ページ、賑やかに出来上がるのではないかと思われます。
完成をば、お楽しみにしていただきたいなと。

そんでもって、そんでもって。
本日のお稽古。
とうとう8人が揃いまして。(舞台上に。
もう、群れて群れて。
わっさわっさして。
なんじゃこりゃー。オレ、どこに居たら良いんじゃー。みたいな。
自分の台詞の時に、バッチリ今田嬢の影に隠れてしまった私は、
あろうことか彼女の足の間から顔を出して、台詞を喋り。
(↓こんな感じ。
SBSH00261.jpg
頭叩かれたり、ケツ小突かれたりしました。非難、轟轟でした。
ただのセクハラだよっ。とか、言われました。ひいぃー。
だって仕方ないじゃないか、顔出すトコがなかったんだよ。
(あと、やってみたかったんだよ。(ぉ
でも、練習を重ねていくうちに、少しずつですが、
動きに統制がとれてきた気がします。
うんうん。
前途は、割と明るいぞ。

……と、思っていたのですが。
稽古終了間際に、難問が浮上。
およよ。
どうすんのかなー。

                               (宇佐美)

2009-12-11(Fri)

お客様は神様です

稽古場の日常
sannta
下から
前方後円墳のまねをする今田嬢。
それを荒らそうとする美紀ちゃん。
それを傍観する村人A(神田さん)。

それぞれのキャラがよく出ている一枚ですね。


さて今日は稽古にお客さんが2人。

稽古場を開けたらサンタクロースがいました。
プレゼントを持たずに!!
その後サンタは髭をとり神田さんになっていました。

ちびっ子のみんな!サンタさんの正体は神田さんだよ!

もう1人の客、奴の名はカエル!
一瞬で稽古場にいる全員の注目を集めるファンタスティックグレー!
なのに普通に装置を用意し始める客演陣!
エェエェエェエェエェエェ( ゚Д゚)?!エェエェエェエェエェエェ
「このまま稽古する気なら私帰りますよ?!」って言ったら
「えっ?」ってこっちが「えっ」ですよ!!!
こ、こいつら只者じゃない・・・。

そんな客演さん4人を迎えた次回公演!お楽しみに。


(関谷)

2009-12-09(Wed)

nびたくーん。

SBSH00131.jpg
もう、苦肉の策ですよ。
写真無いと寂しいんだけど、写真のネタも尽きてきた感のある稽古日誌です。
だって、稽古の写真って、いつも変わんないもん。
エヅラ一緒だもん。
まぁ、だからといって、これは酷い感じですが。(汗
……稽古中にしてた、落書きです。

編集室のお話ってことで、劇中に書きモノとかしてるフリする訳ですけど。
基本的には、ぐちゃぐちゃ線をひいたりしてごまかしてるんですが。
たまに、こんなの書いたりしてます。おほほ。
ちなみに。
このタヌキの様な青いロボットは、本編とは全く関係な……くもないかもしれません。
いや。
登場はしませんけど。

さて。
今日は、林が仕事で来られなかったものの、他のキャストはガッチリ揃いまして。
狭い舞台上に、7名で群れることに。
すげー。何か、わっさわっさしてる気がするーー。
ば、バランス悪そー。
まぁ、もっと稽古すれば、まとまってきて見やすくなるんだろうけども。
どんな風になっていくのか、楽しみ楽しみ。
とりあえず私は、勢い余って、イマダの足を(多分椅子で)踏んづけたり、
うっかり舞台からはみ出てしまったり。
色々やってしまいました。
落ち着け、オレ。


                                 (宇佐美)

next»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。