演劇集団紅茶組 稽古日誌

We were born to drink a cup of tea.

left center right
News Next Product Diary Member Wanted Link
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-29(Thu)

稽古納め。

岐南で、稽古でしたよ。
案の定、寒いのですよ。
キャストたちはこんな格好で稽古してますよ。
室内なのに。
samui_20120103174628.jpg
踊る美紀ちゃん。(笑

でも、演出N氏は何故かストーブとストーブの間に居ました。
n_samui.jpg
「やっぱり、この場所、全く暖かくない」
……って、そりゃそうだろ。
どうしてそこに居るの、いつも。
何かの修行なのか。
いずれにしろ、寒さにやられないようにして頂きたい、各位。
役者さんたち、風邪には気を付けて下さい。

ではでは。
紅茶組は本日が稽古納めでございます。
みなさん、良いお年をお迎え下さいませ。
来年も、何卒よろしくお願いいたしますー。

                   (宇佐美)

スポンサーサイト
2011-12-25(Sun)

中村さん帰還

夫婦

指の入ってしまった写真で失礼します。(これしか撮ってなかったので・・・)
さてさて24日の稽古からN氏が岐阜に無事帰還しまして、
本格的な稽古に入ってきました~。わーわーぱちぱち。

やっぱり演出さんが居ると違うな~と思いました。
去年はほとんど見て居ないので、久しぶりの中村演出が何か新鮮。
ふんふんなるほど×2って感じ。(どんな感じだ)
まぁ当然ですが私には思いつかない演出をしてくれます。

途中、役者が抜けるため、スタッフ会議などもしました。
何故か途中からSE探しを携帯でやりはじめ、笑える着メロを聞きまくったりしました。
(結局使わないけどね!そういう直なネタは使わないよ!紅茶は!・・・いや、自信ないが)
あと現在の最新台本をまだN氏が読んでなかったので、読んでもらうと
「・・・え?何これどうするの?」と苦笑され、
「いやこれ難しいだろう・・・」と詰められました。
きゃーこわーい。
そこでおたおた「こ、こーしたらいんじゃないっすかー」なんて
答えたら「あぁそうかそうすれば・・・」などと演出方法を考えてくれていました。
■母、○○をどうにかする ■○○がいつの間にか○○に・・・
とかいうアバウトなト書きが多くていつもスミマセン。
まぁでもそういうのは、現場の方が考えやすいからさッ
と開き直ってみよう。
今後の展開についても宇佐美と同じ反応で「終る気がしないんだが」
などと詰められました。

休み中頑張りまっす!
ではでは、来年も紅茶組をよろしくお願いしまっす!
                                       (林)

2011-12-24(Sat)

イブとか?

keiko1.jpg
クリスマスイブとか世間は言ってましたけど、
稽古でしたよ。

東京に行ってたN氏が、いよいよ岐阜に帰ってきまして。
まずは目出度い。
一安心です。良かった良かった。
という訳で、早速プロローグからサクサクすすめていきまする。
演出が居ない間に、頑張って読み込んでた甲斐がありまして
まぁ、びっくり、立稽古がスムーズにすすむったら。
kaigi.jpg
アクティブに動いてますな。
tati.jpg

他にも、スタッフの打ち合わせとかしたりして。
さぁ、急ピッチでやっていきますよー。
さぁ!さぁ!さぁさぁさぁーー!

                 (宇佐美)

2011-12-18(Sun)

遠近法で親子

oyako
今日も今日とて前半部分の稽古でした。
そろそろ皆中盤まで本外しております。

ナチさんと神田さん、2人の間にあるのはちっちゃいテーブルだけなのに、
何かすごい距離あるように見える。ザ・遠近法。
リアルでは同じ歳の2人ですが、今回は親子なんです。
短いシーンですが、楽しいかけあいシーンの練習でした。
ナチさんは神田さんのネタ攻撃?に全然動じないからすごいです。
流石長いつきあいだけあるなー。

この日、神田家は朝も昼も手作り弁当で、
パンを作ろうとしてイースト菌を入れたものの、発酵させていると
稽古に遅刻するからと、発酵もままならぬうちに焼き上げた
小麦粉のかたまりを食していました。
その小麦粉パワーに胃が負けたのか、昼過ぎには「おなか痛い・・・」と神田さん。

最後に、増えた部分の台本を読んで、お腹が痛くなるほど笑いました。
自作にこれだけ笑って、自分でも馬鹿じゃないかと思うけど、
皆期待を裏切らない面白さなんですよ!?
これくらいお客さんが笑ってくれると良いのだがー。
これが2回目になると皆冷静になるから怖い怖い。
私たちの頑張り次第ですかね☆
                                (林)

2011-12-18(Sun)

看板立てた!!!

看板設置してきましたよ。
いろいろ大変でしたが、さすがの人の多さで、
何かスピーディーに終わってしまいました。
やはり、一斉設置の良さは、手伝ってもらえるってことでしょう。
特にうちなんて、男手がないから……。
各自でパネル用意するように言われたら、もう、
運び出すだけでヘトヘトですよ。

今回は、参加団体が10団体もあるってことで、
パネルが並ぶのか!??……という不安もありましたが、
並んだ!!並んだよー!
なかなか壮観ですよ。
新聞社さんの取材も来ました。きんちょーでした。
演劇やってる人たちばかりなのに、
集合写真撮りますよ!とかいう展開になると、
なんだか皆控えめに。(笑
舞台ではあんなに堂々としてるのに、
普段はシャイなんですな。皆さん。いや、ワタクシもそうでしてよ?
シャイなの。

ではでは。
ドドンと並んだ看板の、ちょっと一部をご紹介。

かんばん1
何か、飛び出してるのは、草演舎さんの看板です。
映画館のポップみたいですよ。格好良いです。

かんばん2
左端の赤いのはらんまさんの看板です。
今まさに、ジュリアーノが貼られてます。ペタペタ。

かんばん3
2月だから、チョコをイメージしたらしい、色えんぴつさんの看板です。
このチョコが、チョコ(チョコバット?)に見えるか、ふ菓子に見えるかで、
「年がバレるなー」と、物議を醸した(?)看板です。
ちなみに、ウサミは、ふ菓子派でした。だって、この大きさがねぇ、ちょうどふ菓子みたい。
いやいやいや、チョコなんですけどね、ホントはね。ごめんなさい。

かんばん4
そんで、皆さんが気合が入りまくってる中、こんなクオリティで申し訳ないうちの看板。
うむー。
写真は綺麗に出てるんですけどねぇー。

ともかくも、看板設置してありますので、
お近くにお寄りの際は、ちらりと覗いていただけると嬉しいです。
場所はこちら。↓
瑞穂市総合センター ロビー
                      (宇佐美)

2011-12-17(Sat)

記憶合戦。

記憶合戦

前半部分の台詞をほぼ覚えてしまい、脚本が離れた翠ちゃんと、
それに無言のプレッシャーをうけ、
必死で台本を外そうとするナチさんの図です。
何と、二人とも台本を外して立ち稽古している。
いや、もう本番一ヶ月半前なので、当たり前の光景かもしれませんが。
何しろ、今月に入って本格的に稽古が始まった紅茶組ですので、
いつもの倍のペースで台詞入れてる感じですね。
頑張れ頑張れ。

いよいよ物語りも中盤に差し掛かってきまして、
新展開の様相。

……つか、終わるのこれ!??と、毎回のように不安をかきたてられる
林の脚本ですが。
今回もやはり、そんな展開。
お、終わるのか?この話。
ともかく、爆笑の展開であることは、間違い無いと思います。
ただ、お客さんついてこられるのかな?と、一抹の不安が。
……まぁ、演出さんが頑張ってくれるんだろーなー。きっと。
(若干、投げた感じ。

                  (宇佐美)

2011-12-10(Sat)

やさい家族の作り方。

やさい家族

いや、何かさ。
今回のタイトル「やさしい家族の作り方」ですけど。
結構頻繁に、「やさい家族の作り方」って空目る。
結構割りと、「やさい家族の作り方」ってミス打ちする。
作家さん、ごめんなさい。

もとい。
今回のお芝居は
「やさしい家族の作り方」
です。
よろしくお願いします。
写真のジュースは、神田さんが「お土産」とか言って持ってきてくれたものです。
謎だ。

相変わらず、序盤のシーンを返しまくる稽古でした。
何回も繰り返すもんだから、
そろそろ神田さんとか翠ちゃんは、台本離し始めてました。
さすが、この人たちは、真面目だなぁと。
そう思いながら眺めてたら、あれ?何か、翠ちゃんの様子がおかしい。
ダメ出しを聞く表情が、うつろ……っていうか、辛そう。
どどど、どーしたの!??
……と、心配になって聞いてみたら、
「おなか……いたい……」
とのこと。
おぉーぅ。
ダメ出しに、ザックリきてた訳じゃなかったのね、良かった。
……ん?いやいやいや、良くないか。
おなか痛いの辛いよね。
私もよくお腹痛くなるから、他人事じゃないのだ。
今日だって、お腹にカイロ仕込んで来たくらいなのだ。
お腹あったかいと、気持ち良いのだよ。
という訳で、私のお腹であっためといたカイロを
「良かったら使ってくれ!」
と、渡してみました。
うむ。
これで少しは楽になったのならば良いのだが。

まぁ、でも。
カイロのおかげ、というよりは、
翠ちゃんの頑張りのおかげで、何とか時間いっぱい稽古出来まして。
序盤シーンの構想があれこれと固まってきたのではないかなと。
明日は役者が揃うから、楽しみです。
頑張りましょー。

                           (宇佐美)

2011-12-08(Thu)

寒いよ、やっぱりさ。

すとーぶ
やった!
ストーブ導入!!
という訳で、今年もやっぱり寒い岐南の稽古場からお送りしております。
紅茶組です。

この日は、ちょっと集まり悪くてですね。(平日だもの。
そんでもって。
不在のキャストの代役を、佐藤くんが一手に引き受けていて、
ちょっとした、「佐藤くん劇場」みたいになってましたようです。
ありがとう佐藤くん!
がんばって佐藤くん!
いや、私もさ、寒い中少人数で稽古ってどうなの?とか、ちょっと思ったけどさ。
休みにしちゃおうぜ!?って、悪魔がささやいたけどさ。
でも。
美紀ちゃんと神田さんが揃っての稽古というのは、結構大事なので、
敢行することにしました。
何で大事かっていうと、今回、この二人がコンビを組むからですね。
(どんなコンビかは、それはまた、追い追い。
コンビネーションを磨くためには、何回も読み合わせしてもらわないと。

今日のベストショットは、寒さに負けずに元気に踊ってる(?)美紀ちゃんでした。
踊る美紀ちゃん
ふぁいとー、おー。

                                (宇佐美)

2011-12-04(Sun)

ある家族の風景。

家族

和室で稽古でした。
ロケーションもあってか、やけに家庭っぽいシーンになりました。
窓から差し込む日差しが、天気の良さを物語ってますなぁ。
どっか行きてぇ……。
稽古なんてやってる場合じゃ……ゲフゲフゲフゲフ。
うそ、嘘です。
ガンガン稽古してかないとねっ!
もう12月ですよ。
今回はいつもにも増してスロースターターの紅茶組なのでした。
ダイジョブかしらー!?間に合うかしらー!??
……と、小さな胸いっぱいに不安を膨らませる舞監のウサミです。

でも、まぁ、早速いきなり立ちに入ってますからね。
さすがの皆さんですな。
そして、立ってみたら、案外面白い。
うむ。ちょっとホッとした。
ともあれ、序盤のこの家族シーンがこのお芝居のネックでして。
何回も何回もやって、流れを作っていって頂きたいと思います。
だがしかし、前回の日誌でも書いてますが、
常にアクセルベタ踏み全開状態で演じる神田さんは、
稽古終了間際には、もう何か、病人みたいになってました。
本番、これ、この人最後までもつのかな??
……と、再び小さな胸いっぱいに不安を膨らませた舞監のウサミなのでした。

                       (宇佐美)

2011-12-03(Sat)

立ってみました

稽古風景
キャスト決定後2回目の稽古にして、台本を持っての立ち稽古でした。
動き出すとテンションが上がるのが紅茶組クオリティ。
みんな急に面白いよ。

序盤のシーンは会話が多めで、客を飽きさせないようにするのが
大変かもって事で、神田さんはアレコレとネタを繰り出してました。
今回ほぼ出ずっぱりで、常に全力投球アクセルベタ踏みらしく、
「血管持つかな俺」と心配してました。
衣装さんや小道具さんと相談して何とか持つようにしてくださいw

私は同時にわーっってなるシーンとか好きなので、
キマるとにやにやしてしまいます。
今回は少なめですが。
家族の連携(?)が上手くいくと良いですなー。

                          (林)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。